magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 足先が細長く、足首が細い犬種は、靴・靴下をどう選べばいい?

2017.05.15

グッズ        

犬の靴・靴下 ユーザーレビューvol.7 イタリアン・グレイハウンド編

足先が細長く、足首が細い犬種は、靴・靴下をどう選べばいい?

イタリアン・グレイハウンド、ウィペットなどの足先が細長く、足首が細い犬種の靴や靴下、どれを選べばいいかわからないという声を多く聞きます。第7弾となる今回のユーザーレビューは、イタリアン・グレイハウンドのらいくんに、そんな犬種に適合した靴下『パワーパウズ グレイハウンド フット』を試していただきました。履いて慣らしていく際の動画に加え、靴下の活用方法、足先が細く、長い犬種の靴、靴下の選び方も紹介しています。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

◎Monitor Dog Profile

170512_02.jpg

・名前:らい (3歳)
・性別:オス
・犬種:イタリアン・グレイハウンド
・性格:甘えん坊でやんちゃ坊主!
・着用モデル:『パワーパウズ グレイハウンド フット

犬の靴下はどういう場面で活用したらいいのか?

 今回イタリアン・グレイハウンドのらいくんに使用してもらったのは靴下タイプの『パワーパウズ グレイハウンド フット』。イタリアン・グレイハウンドやプードル、ウィペット、オーストラリアン・シェパードのような、足幅と比較して足裏が長く、足首が細い犬種向けの室内用靴下だ。まずは、室内での靴下の活用方法について、簡単に確認しておこう。

① フローリングなどでの滑り予防のため
 フローリング、和室や畳の上、階段の昇り降りに、室内での生活で愛犬の滑りを気にする人も多いのではないだろうか。特に小型犬の場合は、室内で頻繁に滑ることで脱臼や骨折などの怪我のリスクや、椎間板ヘルニア、股関節形成不全などの慢性疾患が悪化するリスクを抱えてしまうことがある。室内での滑りが気になる方は、滑り止めのついた靴下を一足準備しておくと安心だ。

② 肉球の乾燥対策のため
 以前docdogが行った調査によると、寒さのピークを迎える冬場、3頭に一頭の肉球が乾燥トラブルを抱えているとの結果となった。冬場は湿度が低く乾燥しやすいのはもちろん、散歩のあとに毎回足を洗っている場合は、特に乾燥への配慮が必要になる。水洗い後のケアとしては保湿クリームを塗るのが一般的だが、その上から靴下を履かせてあげるとより効果的だ。

③ 足元を怪我した際の包帯留め、舐め防止のため
 怪我の場合はあくまで獣医師の判断に従うのが先決だが、靴下は柔らかいコットン素材のため、足元の怪我の際に包帯がとれないよう上からカバーするように使うこともできる。また、患部の舐め防止に加え、ストレスや分離不安など根本的な原因を解決する必要はあるが、愛犬が足元をしきりに舐め炎症を起こしている時など、靴下を活用し一時的に防ぐことも可能だ。

④ 災害時の避難所生活のため
 docdogでは実際に被災した熊本で愛犬と生活を行う方々にインタビューを行い、さまざまな場面で靴や靴下が活用できることを再確認した。災害時は飼い主とペットが一緒に避難する同行避難が原則とされているが、地面にはガラス片や瓦礫が散乱していたり、道路に亀裂が入ったりしている場合もある。そういう場所を歩く際、足元の保護にソールの固い靴があれば安心だ。
 また、怪我や有害物質から足を守るだけではなく、避難所生活では周囲への配慮が重要だ。避難所ではペットと生活している人だけではなく、中には動物が苦手な人もいるだろう。そういう人へのストレスを少しでも軽減するために、室内での汚れや音の防止に靴下を履かせることは、大切なポイントになるはずだ。

⑤ 冬場、足元から来る寒さを防ぐため
 個体差はあれど、イタリアン・グレイハウンドは特に寒さに弱い犬種。寒さが厳しくなる冬場、防寒着や室内の温度を調整することはもちろん、足元からくる寒さの対策に靴下を履かせてあげて欲しい。

>>愛犬の寒さ対策、気を付けていますか?

イタリアン・グレイハウンド用の靴下はどう選べばいいのか?

 靴、靴下の選び方は肉球のサイズとのフィット感と足首の締まり具合が重要だ。イタリアン・グレイハウンドのような足先が細長い犬種の場合、docdog取扱商品の中でも使えるものは多くはない。特に、靴はベルクロで足首を締めサイズを調整するため、ソール縦幅に合ったサイズでイタリアン・グレイハウンド水準の細さを固定するのは難しいのが現状だ。

 イタリアン・グレイハウンドに対応した靴下として『パワーパウズ グレイハウンド フット』があるが、他の靴下と比べ、細長く縦に長い作りになっており、また適度にくびれた絞り加工が施されているため、脱げにくい構造になっている。ブラックとグレーで配色されており、スタイリッシュな出で立ちのイタリアン・グレイハウンドの足元のおしゃれとしても違和感なく履けるはずだ。

 では、実際にイタリアン・グレイハウンドのらいくんに『パワーパウズ グレイハウンド フット』を試してもらった様子を紹介する。

履いた直後は固まっていたが、すぐに慣れて歩き回れるように!

「最初履かせたとき、慣れないためか嫌がってジタバタしたので、おやつをあげて気をそらせながら履かすことにしました。そうすると"靴下を履くことはいいこと"だと思ったのか、次回以降は大人しく履いてくれるようになりました」

「履かせた直後は固まって動いてくれませんでしたが、徐々に慣れてぎこちないながらも歩けるようになりました」 と飼い主の伊藤さん。
 靴や靴下に最初に慣らせていく際は、動画のようにおやつをあげるなど、靴や靴下を履くことと何か楽しいことを結びつけてあげることが上達の近道だ。

◎らいくん試着ソックス

DD1-BML01-03.jpg

Power Paws Greyhound Foot / Woodraw Wear

イタリアン・グレイハウンドやプードル、ウィペット、オーストラリアン・シェパードのような足幅と比較して、足裏の長さが長く、足首が細い犬種向けの室内用靴下。
■ 足先を怪我した際の保護や舐め防止にも役立つ
■ つま先部分に加え、かかと部分を強化した作りで、耐久性も優秀
■ 寒さが苦手な犬種の、足元の保温にもオススメ

■関連記事
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.1 1度目は失敗......2度目の靴に挑戦!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.2 犬の靴は「慣らし」でうまくいく!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.3 靴は断念・・・靴下からのリスタート!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.4 ケガ予防・災害時の備えとして、靴・靴下を履けるようになりたい!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.5 川辺での肉球のケガをきっかけに、靴にチャレンジ!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.6 初めての靴を一週間でマスター!上手に慣らすコツとは?




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

家庭犬としてのしつけ、できていますか?

16歳になる保護犬スカイの、カリフォルニア流健康法とは?

16歳になる保護犬スカイの、カリフォルニア流健康法とは?
家庭犬としてのしつけ、できていますか?