magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 初めての靴を一週間でマスター!上手に慣らすコツとは?

2017.05.05

グッズ        

犬の靴・靴下 ユーザーレビューvol.6 トイプードル編

初めての靴を一週間でマスター!上手に慣らすコツとは?

「靴は一度試してみたいけど、うちのコには無理かも」と思っていませんか? 靴は履いてすぐには慣れないものですが、きちんと慣らし方をマスターすれば、しだいに履けるようになります。今回はじめて靴を履いたトイプードルのチャチャ丸くん。最初は違和感がありましたが、上手に慣らすことに成功し、一週間で靴を履いて散歩に行けるようになりました。チャチャ丸くんはどのように靴に慣れていったのでしょうか?

#Lifestyle

Author :docdog編集部

◎Monitor Dog Profile

170505_02.jpg

・名前:チャチャ丸 (1歳 6ヶ月)
・性別:オス
・犬種:トイプードルとミックス犬のミックス犬
・性格:元気でやんちゃ!人見知りなんてしたことない!

1st Step
「うまく歩けない一日目、嫌がる前に練習終了......」

「今まで肉球や足元にケガやアレルギーなどのトラブルはありませんでしたが、地面にガラスが落ちていることがあり、散歩時にケガの心配をすることがありました。また、夏になるにつれて地面のアスファルトが熱くなってくるので、日中はなるべく外にでないにしろ、もしものときに肉球の火傷を防げる靴があればいいな、と思っていました」 と飼い主の上森さん。

 はじめて履かせたときは、靴をおもちゃだと思ったのか噛んで遊んでしまったが、履かせること自体は難なく成功した。普段からの密なコミュニケーションによる信頼関係があれば、スムーズに靴を履かせることができる場合が多い。ただ履いた後は、普段と肉球が地面につく感覚が違うのか、違和感があり上手に歩くことができなかった。

2nd Step
「ご褒美をセットに、靴を履かせる工夫」

 履いた直後は違和感があり上手に歩けなかったチャチャ丸くんであったが、数日でほぼ靴には慣れて、家の中で無理なく走り回れるようになった。

「靴は履かせるのが難しかったり、犬が嫌がったりすると先入観がありましたが、実際に試してみると意外とすんなり適応してくれました。1.5歳という何でも積極的に吸収する年齢もあるのか、靴を履くこととおやつ・散歩などのご褒美をセットにすることで、靴は楽しいものだと意識づけすることができました」

3rd Step
「外でも問題なく、靴を履いて走り回れるように」

 違和感なく靴を履けるようになったチャチャ丸くん、さっそく散歩時の足元のケガの予防に靴を活用してくれている。

「散歩やお出かけ時に靴を履いていると、靴はまだ珍しいのか犬友から声をかけられることが多くなりました。また、ベルトの締めが弱かったりすると、外で激しく走った際に脱げてしまうことがありました。そういう時は少し手間に感じたので、きちんとベルトを締め、できる限り脱げにくく履かせてあげたいと思っています」

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

犬連れで楽しみながら、シェルターの役にも立てるイベント

はじまりは愛犬の肉球を守りたいという想い

はじまりは愛犬の肉球を守りたいという想い
犬連れで楽しみながら、シェルターの役にも立てるイベント