magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 「保護犬」を迎えることは、一つの出会いの形

2017.03.10

読みもの        

寄付がつないだ、幸福な関係 Vol.3

「保護犬」を迎えることは、一つの出会いの形

オンライン寄付サイト『アニマル・ドネーション』から始まって、寄付がつないできた関係は、最終的にどのような形で結ばれたのでしょうか。動物保護活動への寄付の行く先を追っていくこのシリーズ、第1回はアニマル・ドネーション第2回はアニマル・ドネーションの寄付先である保護団体『DOG DUCA(ドッグ・デュッカ)』、そして最終回の今回はDOG DUCAの保護犬の里親となった方を取材しました。

#Lifestyle

Author :写真=日高奈々子 文=山賀沙耶

突然やってきた保護犬ジェシーとの出会い

「次に犬を迎えるときは保護犬にしよう」。そう考えている人は多いのではないだろうか。愛知県名古屋市に住む田中聖斗さん、彩さん夫妻も、そんな飼い主の一人だった。
 2年前にジャック(Mix、2歳)を迎えたとき、ジャックの夜鳴きに悩んで、『DOG DUCA』代表の高橋忍さんに相談したという田中さん夫妻。高橋さんのアドバイスですぐに夜鳴きが直ったのをきっかけに、ジャックをDOG DUCAの保育園に通わせてトレーニングをすることになった。そして、ジャックが保育園に通い始めて約1年経ったころのこと。

「ある日ジャックを迎えに行ったら、突然、待ち構えていた園長が『いいコがいるよ』って。『ちょっと会ってみる?』って言うから、軽い気持ちで会ったのがジェシーでした。ボーダー・コリーを迎えるなんて想像もしていなかったんですが、会った瞬間『めっちゃかわいいじゃん』って。
 DOG DUCAさんが保育園だけでなく保護活動をしているのは、ホームページなどで見て知っていたんです。なので、もう1頭迎えるかどうかという話を家族でしていたときに、もし飼うなら園長のところで保護したコにしようとは言っていました。それが、こんな早い段階でくるとは......」 と彩さんは顔をほころばせながら話す。

 当時、ジェシーは4~5カ月ぐらい。子どものいなかった夫婦が飼い始めたものの、突然妊娠して世話ができなくなったことに加えて、もともと男性が犬アレルギーだったこともあり、DOG DUCAに持ち込まれることになった。
「ジェシーの保護後、ここで保育園に来ているジャックと対面したときに、この2頭はすごく相性がいいなと思ったんです。ジェシーもまだ若いし陽気な性格なので、そのうち新しい飼い主が決まるだろうとは思っていました。ただ成長期なので、早めに飼い主さんを決めてトレーニングをしていかなければと考えたときに、すっと頭に浮かんだのが田中さんだったんです」 と、高橋さんはその経緯を説明する。

170305_02.jpg

DOG DUCAと田中さんたちとの間で交わされる、ジャックとジェシーの連絡ノート。その日の犬たちのようすなどが、細かい文字でびっしりと書かれている

"ジェシー"になる前を想像することもある

 ボーダー・コリーの運動量の多さはある程度覚悟していたものの、「想像以上だった」と聖斗さん。もともとインドア派だった2人だが、ジェシーが来てからは外に出かけることが多くなったという。近所のショッピングモールにあるドッグランには毎日通い、その他に週最低2回はあちこちのドッグランに行ったり、河川敷を走らせたり。
 それに、想定外の先住犬の変化もあった。
「いざジェシーを迎えてみたら、先住犬のジャックが成長して、すごくルールを守るようになりました。僕たちの言うことをすごく聞くようになったし、ジェシーが悪いことをしたら怒るんです。ジェシーが来たことによって、ジャックという犬の個性がよりわかるようになりましたね」(聖斗さん)

170305_03.jpg

教えたわけでもないのに、ボールが跳ね返ってくるのを自分で計算してキャッチしたりと、ボーダー・コリーらしい賢い一面も

 ジェシーを小さいころから育てていないことや、保護犬であることで、特別問題になることは今のところないという。
「ただ、ジャックと違って小さいころの写真がないので、最初はどんなコだったんだろうな、とは思います。それと、ジャックが子犬のころは毎日必死で向き合っているうちに、あっという間に大きくなってしまって、もっと写真を撮っておけばよかったなと後悔したんです。なので、ジェシーが来てからは、写真をたくさん撮ったりブログを始めたりと、意識して記録を残すようにしています」(聖斗さん)

 実はDOG DUCAに来る前のジェシーには、別の名前があったのだという。ところが、前の生活で嫌な思いをしていた場合は名前を変えるという高橋さんの考えにより、改名。今の「ジェシー」という名前は、高橋さんの娘がつけたものだ。
「ワクチンの証明書を見せてもらったら前の名前が書いてあったので、その名前で呼んでみたんです。でも、まったく見向きもしないし、忘れているみたいで。『何言ってんの?』みたいな感じで首をかしげていましたね」(彩さん)

170305_04.jpg

高橋さんが講師を務める専門学校の実習の一環として、ジャックとジェシーは毎週金曜に老人施設や障害者施設を訪れ、セラピードッグの活動もしているそう

保護犬といっても、迎えてしまえばただの犬

 ジェシーが保護犬だと意識することはあるかと尋ねると、「まったくない」と口をそろえる2人。
「ドッグランで、このコはどこから来たの? って聞かれたら、『実は保護犬なんです』って話はしています。最近では、保護犬を迎えたいという方から相談されることもあります。ただ、すべての人にとって保護犬を迎える選択肢がベストというわけではないと思うんですよね」
と彩さん。

 保護犬を迎えることは、犬との出会い方の一つではある。ただ、一種の"保護犬ブーム"のような現状には、高橋さんも警鐘を鳴らす。
「保護犬を迎えたい人には、本当に動物が好きなのかと問いたいですね。ただ自分の善意を認められたいだけの人もいますし。それに、子どもの情操教育のためにとか、おばあちゃんのためにとか、何か他の目的のためにということであれば、保護犬は向かないかもしれません」

 保護犬といっても、実際に迎えてしまえばただの犬。常に"保護犬"というラベルを付けて生活しているわけではない。犬との出会い方は人それぞれであり、大切なのは、その犬と一生向き合っていく覚悟があるのかどうか、ということだろう。

170305_05.jpg

田中さん夫妻とジェシーの暮らしも、まだ始まったばかりだ

 アニマル・ドネーションからDOG DUCAへ、DOG DUCAから保護犬の里親へ、寄付の行きつく先を追ってきたこのシリーズ。
 現在の動物保護活動においては、保護し譲渡した動物の数だけでなく、動物福祉の観点で見たときの保護・管理・譲渡の質もまた問われている。したがって、寄付する側としてもただお金を投じるだけでなく、寄付がどんな団体にどのような形で使われているのか、その先を知ることが非常に大切になっている。そして、より多くの人がそこに関心を向け続けることこそが、日本における真の動物福祉の実現につながっていくはずだ。

■関連記事
>> 寄付がつないだ、幸福な関係 Vol.1 『アニマル・ドネーション』が考える、日本型動物福祉の形とは?
>> 寄付がつないだ、幸福な関係 Vol.2 『DOG DUCA』――名古屋の飼育放棄犬たちを救う「最後の砦」




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

犬にだって好き嫌いはある!相性チェックの方法とは

冬用靴「スノーマッシャーズ」試着会@『白馬ワンワン運動会』

冬用靴「スノーマッシャーズ」試着会@『白馬ワンワン運動会』
犬にだって好き嫌いはある!相性チェックの方法とは