lab

  1. トップページ
  2. docdog lab.
  3. 正しい道具選びはスムーズな歯みがきにつながる!

2016.12.14

動物歯科のスペシャリストに聞く「正しいオーラルケア」vol.2

正しい道具選びはスムーズな歯みがきにつながる!

林 一彦 動物歯科クリニック花小金井動物病院

いったん歯石がついて歯周病になると完治はしないという前回のお話に、驚いたりショックを受けたりした方は多かったのではないでしょうか。家庭での歯みがきは犬の口腔内の健康を保つためには欠かせないとあっては、なんとしても習慣づけたいものです。前回に続き、花小金井動物病院の林一彦先生に家庭における正しいケア方法について伺いました。

写真=大浦真吾 文=古川あや

#健康

愛犬の歯みがきにはどんな道具がいいの?

 愛犬のオーラルケアの大切さを認識したみなさんの次の関心事は、何を使って、どんな風に、ということだろう。前回お伝えしたように歯みがきの目的はプラークを取り除くこと。その目的にもっとも適しているのは歯ブラシだ。

161206_02.jpg

現在、林先生の愛犬のナナちゃん(ダックスフント/6歳)は電動歯ブラシを使っている。音を出して振動する歯ブラシをナナちゃんの体に一瞬あてたり、実際に林先生が歯みがきする姿を見せたりしながら、少しずつ慣らしていったそうだ

■大きなヘッドに柔らかい毛が密集した歯ブラシを使おう
 人間が歯のケアに歯ブラシを使っているのは、もっとも効果的にプラークを掃除できるから。犬も同じだ。「ヘッドが大きく柔らかいブラシが密集しているものがオススメです。歯茎にも痛くないし、一度に広範囲をブラッシングできます。歯石がついている場合には何らかの炎症が歯茎に生じて敏感になっているので、硬い歯ブラシは禁物。健康な場合でも歯肉の退縮につながるので避けるべきです。犬用の歯ブラシは残念ながらほとんどが硬すぎです」

■便利グッズ系は要注意!
 歯ブラシを嫌がる犬の場合、指に直接巻きつけるガーゼ状の商品などが重宝されているが、一番汚れが溜まりやすい歯と歯茎の間に届かない。逆に歯肉と歯の間や歯間部にプラークを押し込むことにもつながりかねない。
 歯みがき効果がうたわれている硬いトリーツについては、「犬の歯はシザーズバイトといってハサミ状になっています。噛み合わせの部分は確かに掃除できますが、当たらない部分には効果がありません。また、犬の歯は横方向にかかる力に弱いので、折れてしまうことさえあります」

161206_03.jpg

花小金井動物病院で扱っているTePeはスウェーデン製。インプラントなどの手術をした患者の術後用の歯ブラシで、やわらかな毛が隙間なく植毛されている。ホテルなどにおいている歯ブラシの毛量は1000〜2000本ほどだが、この歯ブラシは⒓000本

■歯みがき粉はどんなものがいい?
 ペットショップや量販店などでは、歯ブラシとセットで歯みがき粉も販売されている。いろいろなタイプが売られているが、どんなものを選べばよいのだろうか。

「犬は口をゆすぐことができないので、菌が練りこまれた歯みがき粉が口の中に残ってしまいます。歯ブラシにたっぷり水をつけながらブラッシングするのが一番です。透明のコップに水を入れて準備しておけば、とれたプラークが目で確認できますよ」

 ブラッシング中に口から水がこぼれたり、飲み込んだりすることになるが、胃に入り込んだ菌は胃液で死ぬので心配はないそうだ。また、ヨーグルトを使って歯みがきしている人もいるようだが、ヨーグルトは酸性が強すぎて、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう。

歯みがきを習慣づける「いろは」とは?

 わたしたち人間は口の中を清潔に保つ必要性を理解しているが、理由も分からず口の中に棒を突っ込まれたとしたら、びっくりして抵抗するのは当然の反応だろう。言葉で説明できない犬に歯のブラッシングを習慣づけていくコツは"あせらず、休まず、ゆっくりと"。
 まずは歯ブラシに慣れさせることがファーストステップだが、ここで林先生がオススメするのが、歯ブラシにハチミツやジャムをつけること。歯ブラシを口に入れたら美味しい味がすることでプラスの刷り込みをするというわけだ。

「最初は歯に触れるだけでもいいと思います。そしてとにかく褒めることです。犬の歯は42本あり、全部の歯のブラッシグが必要ですが、最初のうちは、もっともプラークや歯石がつきやすい上顎第4前臼歯だけ磨ければ十分です」

 上顎第4前臼歯と、噛み合わせる対の歯である下顎第1後臼歯は裂肉歯とも呼ばれ、肉を噛み裂く役割を持っている。犬にとってとても大切な歯で、食べ物が触れる分、プラークがつきやすく、歯石にもなりやすい。

161206_04.jpg

最初に目指すのは上顎第4前臼歯。次が下顎第1後臼歯だ(出典:『犬の歯みがき読本』/山水書房)

「この歯が歯周病になると顔が腫れたり、眼球の下部に膿がたまったりすることにつながります。続いて重要なのが犬歯や切歯です。上顎の犬歯が歯周病になると歯根に沿って感染が拡大し、鼻腔につながってしまうことがあります。切歯が抜けてしまうと舌が常に口の外に出てしまい、乾燥することで様々な問題が生じてきます」

 最初からすべての歯をきれいにしようとすると時間もかかるが、まずは上顎の前臼歯2本からスタートし、徐々に増やしていくという作戦ならうまくいきそうだ。だが、歯ブラシを見ただけで逃げてしまうような苦手意識を持った犬の場合にはどうすればいいのだろう。

「どうしても歯みがきさせない犬の場合は、散歩の途中でやってみてください。自分のテリトリーでは歯みがきさせない犬でも、テリトリー外ではおとなしくブラッシングさせる場合もあります。慣れるまではブラッシングの後におやつやご飯をあげてもいいでしょう。ナナの場合は、野菜などの低カロリーのおやつをごほうびにあげました」

どんな風にブラッシングすればいい?

 動物歯科の専門家である林先生は、その一方で愛犬のオーラルケアに熱心な飼い主でもある。ナナは電動歯ブラシさえリラックスして受け入れているが、ここに至るまでには、一飼い主として飼い犬3代にわたって研究と工夫を重ねてきた歴史がある。病院で行う歯みがき講座では、林先生が考案したブラッシング法を紹介しており、参加者の評判も上々だ。

「歯の外側をみがくときには、歯ブラシを持っていない方の手で犬のマズルを押さえ、犬が口を開けないようにすることです。そうすれば歯の表側は無理なく磨けます。歯の裏側は少し難しいかもしれませんが、口を1~2cmほど開けて、その間から歯ブラシを入れるんです。犬がリラックスできる体勢で行うといいでしょう」

161206_05.jpg

ナナちゃんのマズルを軽く押さえ、口も唇も閉じたまま歯ブラシを滑り込ませてブラッシングする

161206_06.jpg

内側をブラッシングするときは1cmほど口を開かせる

161206_07.jpg

2人体制の場合は、みがき手がマズル上部を持ち、もう1人が下あごを支えれば、内側もスムーズにみがける

 ここで注意したいのが、強く歯に押し当てすぎないこと。自分の歯をブラッシングする場合には加減もしやすいが、犬をブラッシングする場合はついつい強く当てがちだ。そうすると犬は痛みや不快感を覚え、歯ブラシを拒否することにつながりかねない。2本の指で歯ブラシを持って、歯にかるくあてるだけで十分だ。目安は100g程度の負荷だ。
 ブラッシング法も人間の場合と同じで、歯ブラシの毛先を歯に直角にあてて水平方向に小刻みに動かす「スクラビング法」と毛先を歯に対して45度の角度で当てる「バス法」がおすすめ。

161206_08.jpg

左が「スクラビング法」で、右が「バス法」(出典:『犬の歯みがき読本』/山水書房)

「人間の子どもに乳歯が生えたら、ご両親は歯みがきを始めますよね。同じように、犬も乳歯が生え始めた頃から歯みがきの習慣をつけることが理想ですが、成犬になってからでも遅いということはありません。短時間でも毎日続けることが大切です。適した道具を使えば格段に楽にできますから、リラックスして挑戦してみてください。おすわりやマテを教えるように、歯みがきはしつけの一環でもあります。愛犬とのよいコニュニケーションの時間だと考えてがんばってください」

 飼い主さんが楽しそうに歯みがきしようとすれば、犬たちも前向きになれるかもしれない。「新しいゲーム」を始めるような軽い気持ちでぜひチャレンジしてみよう。



>>次回は、動物病院で歯科治療を受ける際の注意点についてお話を伺います。
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

これだけは知っておきたい、愛犬との雪遊びの注意点

もっと犬と一緒に散歩に出かけよう

もっと犬と一緒に散歩に出かけよう
これだけは知っておきたい、愛犬との雪遊びの注意点