magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. ネコ3匹と共生するまでの道のり

2016.11.02

ブログ        

シェアハウス犬ベルの、7歳からの生活見直し日記 vol.4

ネコ3匹と共生するまでの道のり

うちのシェアハウスには、ベルだけでなく、実は黒猫3匹が一緒に暮らしています。犬とネコのいる暮らしは私にとって夢の一つでしたが、実際にはなかなかうまくいかないもの。今回は、同居ネコと遊びたくて吠えてしまうベルと、警戒して逃げるネコたちとが、何となく共生できるようになるまでのことを書いてみます。犬・ネコと同居している人、したい人には、多少参考にもなるかも!?

#Lifestyle

Author :写真・文=山賀沙耶

憧れの"犬とネコとの暮らし"の現実

 犬とネコのいる暮らしって、動物好きにとっては憧れの一つですよね。私にとってもそうでした。ただ、現実的に考えると、仕事でなかなか相手する時間を取れなかったり、家を空ける時間が長かったり、金銭的にも不安があったりと、一人ではなかなか踏み切れず......。
 それが、このシェアハウスに入居することで、図らずも犬とネコのいる暮らしが一度に実現することになったのです。

 ところが、実際に入居してみると、実態は理想とは少し違いました。
 うちのシェアハウスの構造を簡単に説明すると、1階は共有の玄関と廊下、庭の他、ベッドルームが2つ、和室が1つ。2階はリビング・ダイニング・キッチンと、ベッドルームが2つ。私の部屋は、2階のベッドルームのうちの1つです。
 入居した当時、ベルは1階の共有の土間スペースで、ネコは2階で生活していました。つまり、ネコは人間の生活空間で一緒に暮らしていたのに対して、ベルはひとりぼっちでじっと寝ていることがほとんど。場所は室内ですが、ある意味外飼いに近い状態だったと思います。

 ベルとネコの生活スペースを分けている理由の一つは、ベルとネコたちがうまくやれないから。具体的には、ベルがネコに向かって吠えてしまい、ネコが驚いて逃げていくという状態です。
 私は犬もネコも同じぐらい好きですが、これではちょっとベルがかわいそうだなと。そこで、私が家にいるときはベルを私の部屋に上げるようにして、ネコは部屋に入りたくなければ入らなければいい、というふうに変えてみることにしました。

161101_02.jpg

ベルとネコ、最初のころの距離感。これでもまだ近づいたほう

犬とネコ、同居の秘訣!?

 ベルは、私が家にいるときは2階の私の部屋、私が留守のときは1階の共有スペースという生活になりました。そのときたまたま2階に私、1階にネコ好きのもう1人という2人暮らしをしていたため、ネコたちは私の部屋にあまり来なくなった代わりに、1階の住人の部屋によく行くように。
 こうして、ベルは1階、ネコは2階というルールがだんだん曖昧になっていき、そのうちネコたちはベルが私の部屋にいても、部屋に来るようになりました。
 それでもやっぱり、ベルがネコに対して吠えてしまって、ネコが逃げるということはありました。ただ、ベルはネコが嫌いなわけでも怖いわけでもなく、どちらかというと遊びたいんですよね。

 さて、ここからは、犬とネコと同居したい人にとって、ちょっとだけ参考になるかもしれない話です。

 特にベルがネコに吠えてしまいやすかったのが、ネコにご飯をあげるとき。
 その日も、ネコたちにご飯をあげていると、ベルが私の部屋から出てきてしまいました。そこで、ネコたちが逃げかけたとき、試しにベルに「フセ」のコマンドを出してみました。同じ空間で生活するようになってからオスワリ・フセ・オイデをよく教えていたのもあり、ベルがもともとおとなしい犬なのもあり、ベルはちゃんとフセをしました。すると、ネコたちはまた安心してご飯を食べ始めたのです。
 ベルとしても、本当はネコたちの近くにいたいので、「あ、フセをすればいいのか」と理解したようす。その後、何度か同じ状況で「フセ」のコマンドをかけていたら、そのうち言わなくても自分からフセをするようになりました(最初の写真のような感じ)。

 そのときから半年以上が経ちました。
 今では、ベルもネコたちも1階と2階を自由に行き来し、いちばん年の若いネコは、ベルにスリスリとカラダを寄せることもあるほどです。
 今も、何かの拍子にネコがシャーっと威嚇したり、ベルが吠えてしまったりすることはあります。でも、お互い何となく「本当に危ないヤツじゃない」という認識はできたようです。
 犬とネコを仲良くさせるコツは、犬側のボディランゲージをちょっとコントロールしてあげることと、最終的には慣れだったかな、という気がしています(もちろん、これはうちの場合の話ですが)。

161101_03.jpg

最近はネコと同じタイミングでご飯をあげているのだが、ベルの食べ方がネコっぽくなってきたような......

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

伝統校に学校犬が受け入れられるまで

犬の靴・靴下のお試し強化月間!!

犬の靴・靴下のお試し強化月間!!
伝統校に学校犬が受け入れられるまで