magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 靴は断念・・・靴下からのリスタート!

2016.09.05

グッズ        

犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.3 キャバリア編

靴は断念・・・靴下からのリスタート!

犬の靴下のレビュー記事第1弾。今回は、キャバリアのけんたくんに、「Power Paws Advanced Reinforced Toe/Woodrow Wear(パワー パウズ アドバンスド レインフォースド トウ/ウッドロウ ウェア)」をレビューしていただきました。靴に挫折した経験あり、靴下から再びチャレンジしたいというのだけれど......。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

◎Monitor Dog Profile

160918_02.jpg

・名前:けんた(3歳)
・性別:オス
・犬種:キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
・性格:内弁慶。人は大好き、犬は苦手。くいしんぼう

1st Step
「前足はすんなり履けたけど、後足がどうにも苦手......」

 雨が苦手というけんたくん。足を濡らさずに散歩へ出られるように靴を試したことがあったとのこと。
「せっかく買ったのにすぐに脱いでしまって、その時は慣らすこともなくあきらめてしまっていました......」と、飼い主の森口さん。
 今回、犬の靴再挑戦へ向けて、靴下から慣らしてみようとチャレンジしていただいた。
 オテ、ハイタッチなどで日常的に触れることが多いからか、前足はすんなり履いてくれてさほど気になっていないようす。しかし、後足はやはり違和感強そう......。

  

2nd Step
「数日たっても靴下を履いたときの違和感はぬぐえず......」

 連日、ストレスにならない程度に遊びながら慣らしていただいたのだけど、後足がどうにも気になってしまうけんたくん。毎回、履かせて数秒で脱ごうと必死で、まるでウサギのようにぴょんぴょん跳ね回る。

  

「以前試した靴と違って長さがありフィット感も良く、履かせやすいですね。けんたの違和感も靴ほどじゃないように思ったのですが......。フローリングでの滑りも、肉球の形のかわいらしい滑り止めで軽減されていますし、なんとか慣れてくれるといいなと思います」

3rd Step
「靴下を履いていられる時間が増えてはきたけど、完璧には慣れませんでした」

「靴下を履き始めてから約10日間、遊ばせながら履かせてみたものの完全に慣れることはできませんでした」
 とはいえ、これでも少しずつ履いていられる時間は増えているとのこと。せっかくなので、引き続き靴下でしっかり慣らしてもらい、靴デビューしてもらいたい。焦らず嫌なイメージを植え付けないレベルで、楽しみながら履かせていけば、違和感も薄らいでいくはず。

「足が濡れることが苦手ということ以外にも、以前一緒に走って遊んでいる際に、ストップ&ゴーを繰り返していたら肉球から出血させてしまったこともあるんです。なので、靴下に慣れたら、靴に再チャレンジしてみたいなと」
 実は最近、この手の話をよく聞く。遊ばせている場所の路面の影響も大きいが、靴を履かせることで防げるケガもある。嫌がり加減に差はあるものの、慣らしていけば履けるようになるのでもう少し頑張ってみてもらおうと思う。

「外遊びでたくさん走らせたり、ドッグランでほかのワンちゃんと遊ばせたり、夏場など路面が熱くて歩けない時のために、履けるようにしておきたいと思います。あと気になったところとしては、爪が伸びていると履かせるときに引っかかりやすいので、まめに手入れしていたほうが良さそうですね」

 違和感なくなったタイミングで、けんたくんには改めてレビュー投稿いただこうと思う。乞うご期待!

◎けんた試着商品

160912_10.jpg

Power Paws Advanced Reinforced Toe/Woodrow Wear

Power Pawsシリーズは、フローリングなど滑りやすい床でのスリップを防ぐのに最適。また、足先を怪我した際の保護や舐め防止、乾燥対策にも役立つ

  

■関連記事
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.1 1度目は失敗......2度目の靴に挑戦!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.2 犬の靴は「慣らし」でうまくいく!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.4 ケガ予防・災害時の備えとして、靴・靴下を履けるようになりたい!
>>犬の靴・靴下 ユーザーレビュー vol.5 川辺での肉球のケガをきっかけに、靴にチャレンジ!




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

人間本位の考えだけでは、根本的な解決はできない

高齢犬介護が家族に与えてくれたもの(後編)

高齢犬介護が家族に与えてくれたもの(後編)
人間本位の考えだけでは、根本的な解決はできない