magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 愛犬のカラダ、どこでも触れますか?

2016.09.30

読みもの        

グルーミングや病院での診察、ストレスになっていない?

愛犬のカラダ、どこでも触れますか?

グルーミングのときや、靴を履かせるとき、動物病院での診察や処置のときなど、愛犬のカラダのいろいろな部分を触れるようにしておくと、愛犬も飼い主もストレス少なく過ごすことができます。あなたは愛犬のカラダをどのぐらい触れますか? また、どこでも抵抗なく触れるようにするためには? しつけインストラクターの中井真澄先生と一緒に練習してみましょう!

#Activity / #Lifestyle

Author :写真=永田雅裕 文=山賀沙耶 監修=中井真澄

どこまで嫌がらず触らせてくれるかテスト!

 まずは、愛犬がどこまで嫌がらずカラダを触らせてくれるのか、実際に触ってチェックしてみよう。
 やり方は簡単。愛犬が落ち着いているときに、下記のチェックポイントに沿って順番に触っていこう。チェックポイント①で嫌がらなければ②に、②で嫌がらなければ③に、という形で進んでいき、愛犬が嫌がりそうだなと感じたら、嫌がる前にやめておこう。
 このとき、愛犬と向かい合うのではなく、横並びか、膝の上に乗せて行うこと。また、今回は撮影用にオヤツを与えながら触ったが、チェックの際にはオヤツなしで嫌がらないかを確かめよう。
 それでは、チェックスタート!

【チェックポイント①】
首~背中~お尻の前あたり

160913_02.jpg

【チェックポイント②】
後頭部(頚椎のあたり)

160913_03.jpg

【チェックポイント③】
前胸部あたり

160913_04.jpg

【チェックポイント④】
足先を除く脚のあたり

160913_05.jpg

【チェックポイント⑤】
足先、マズル(鼻口部)、耳先、シッポの先あたり

160913_06.jpg

 ここでチェックは終了!
 どこまで嫌がらず触らせてくれただろうか。これだけでも、愛犬の新たな一面を発見できるかもしれない。

なぜ、カラダに触れる必要があるの?

 ところで、なぜ愛犬のカラダをどこでも無理なく触れたほうがいいのだろうか。しつけインストラクターの中井真澄先生に聞いてみた。

「愛犬のカラダを触る必要のある場面は、大きく分けて2種類あります。一つは、日常の中でグルーミングをしたり、カラダの状態をチェックしたりするとき。もう一つは、緊急時に病院で診察や処置を受けたり、治療のために何かを身に着けたりするとき。触られることが好きでないと、ブラッシングや足拭きなど毎日のケアでカラダに触ることが、愛犬にとっても飼い主にとってもストレスになってしまいます。また、病気やケガをしたときに病院で触られるのを嫌がるとなると、病気やケガのストレスに加えて、治療自体も負担になってしまいます。愛犬がストレスの少ない毎日を送って、健康でいるためには、カラダ中を触られることに慣らしておくことがとても大切なんです」

 また、日常的にスキンシップをとって、マッサージのようにカラダ中に触れることによって、リンパの流れをうながしてあげることもできるそう。これも、カラダに触られるのが好きでないと逆効果になってしまうので、まずは慣らすことから始めよう。

160913_07.jpg

足先は、最も難易度の高い場所の一つ。靴や靴下を履かせるなら、ぜひ触られることに慣らしておきたい

目指せ、おさわり好き犬!

 それでは、触られることを好きにするためには、どうしたらいいのだろう。
 その練習の方法を、実際に中井先生に見せてもらった。ぜひ自宅で挑戦してみてほしい。

1.オヤツを準備し、そちらに意識を引きつける

160913_08.jpg

愛犬の大好きなスペシャルなオヤツをあらかじめ小さくカットし、テーブルの上など愛犬の届かないところに準備する。そこからオヤツを何度か与えて、オヤツのほうに意識を引きつけよう

2.触ってオヤツ、を繰り返す

160913_09.jpg

愛犬に触ってからオヤツを与えることを、繰り返す。最初のテストのチェックポイント①から始めて、嫌がらないようなら、だんだん強く、長く触るようにしよう。触るときに、「触るよ」と伝える意味で、「タッチ」などのコマンドをつけるといい

3.嫌がりにくい場所から、嫌がりやすい場所へレベルアップ

160913_10.jpg

2.を、チェックポイント①→②→③→④→⑤と、だんだん嫌がりやすい場所へとレベルアップしていく。ただし、本当に嫌な思いをさせてしまうと、この練習の意味がなくなってしまう。急いでレベルアップさせないで、少しずつ慣らしていこう

 これがチェックポイント⑤までできるようになれば、グルーミングも靴を履かせるのも病院での診察も安心だ。
 カラダを触る練習も、愛犬とのコミュニケーションの一つとして、楽しみながら挑戦しよう。

◎監修者プロフィール

160913_nakai.jpg

中井真澄先生
中央大学卒業後、中学校教諭4年間勤めた後、日本訓練士養成学校に入学し、JKC公認訓練士および日本警察犬協会公認訓練士の資格を修得。訓練所勤務を経て、都内動物病院内のドッグスクールの専属トレーナーとして勤務。2011年6月から半年間のロンドン留学を終えて、2012年に犬のしつけ・出張トレーニングを行う『Waggy Smile』を立ち上げる。『愛犬のしつけのコツがわかる本』(エイ出版社刊)など書籍や雑誌の監修、テレビ出演等、多方面で活躍中。
http://waggysmile.com

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

ベル、脱走事件。

災害時の非常持ち出し袋、何を入れる?

災害時の非常持ち出し袋、何を入れる?
ベル、脱走事件。